カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS
 

パラリンピック

 平昌パラリンピックを観ていると障害者でもスキ−のうまさに驚かされる。大回転などでも真っ青な空を背景に真っ白い急斜面を高速で滑り降りてくる姿には感動する。自分もスキ−をやっていたがとてもそんな高速でタ−ンはできなかった。急斜面では流されてバランスを崩し転倒したものだ。

 村岡桃佳ちゃんが女子大回転座位で金メダルを獲得した。1本スキ−の上に腰掛けるように座り、両手にストックを持ち先端に小さなソリ状のスキ−を付けて滑る。自分ではとても滑れないような雪面を正確なコ−ス取りで体を傾けながら旗門をくぐる。すごい運動神経の持ち主だ。

 彼女は4歳の時両足が不自由になったそうだ。本人も両親もどんなに悩み嘆き悲しんだことだろう。人生に絶望したかもしれない。しかし父親は障害者スポ−ツに僅かな望みをかけスキ−をやらせたらしい。普通の人がスキ−をやることも難しいのに障害者用のスキ−を習わせることはどんなに大変だったか容易に想像できる。多くの困難苦労が伴ったことだろう。

 本人の努力や才能に敬服するとともにご家族の強い心に拍手を贈りたい。障害者が生き生きと生きれる社会は素晴らしい。理不尽な運命を受け入れ、それを前向きに周りも支え、皆が明るく希望を持って人生を生きる。誰でも障害者になる危険性がある社会だ。助け合い支えあいこの世に与えられた僅かな時間を楽しく有意義に生きる。桃佳さんはそんな見本を示してくれた。

コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント:
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blog.shopserve.jp/cgi-bin/tb.pl?bid=10457&eid=721

ページトップへ