カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS
 

山菜

 先日田舎の同級生に電話した。「四月の同級会に参加出来るの?秋田の温泉に療養に行くって聞いたけど?」「まだはっきり分からないけどたぶん大丈夫だと思う。」喉頭がんを患った友人はガンに良いと言われる温泉に毎年この時期半月ほど湯治に出かけている。「温泉を優先してもらってもいいよ。同級会はまだまだ続くから。でも山菜採りの頃には帰ってきてほしい。今年も行きたいから。」山菜採り名人に依頼した。

 「山菜採りは絶対行くよ!大自然の健康食品だから。」「東京でも山菜を楽しみにしている人が沢山いるよ。今回沢山採れたらあげますと約束しちゃった。」「大丈夫だよ!今年も雪が深いから良い山菜が採れると思うよ。ところでクレソン採りに来ない?雪解けの小川に沢山出ている。」クレソンも楽しみだがまだこの時期には雪が多くて山小屋に行けないので断った。

 TVで山菜パワ−の番組をやっていた。山菜はヨモギ、フキノトウ、山ウドだった。田舎ではヨモギはあまり食されない。草餅に利用するくらいだが「天ぷら」や「お茶」にしても良いらしい。ありすぎて有難味が無い山菜だ。でも今年は田舎で試してみよう。フキノトウは大好きだ。まさに春の使者である。天ぷらやフキ味噌は美味しい。また山ウドも山菜の代表だ。ただし急な斜面の崖に出るので採るのが大変だ。

 子供食堂のボランテイアの方々と話のはずみで約束してしまった。「今年山菜が沢山採れたら差し上げますよ!皆さんにお礼がしたい。」タイミングを合わせて今年は山菜を沢山採ってくる予定だ。五月の山菜採りが楽しみだ。

コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント:
 

ページトップへ