カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS
 

大切な命

 今日で1月は終わる。やはり月日は早いと感じる。1月は特別何かをしたわけでは無く、それがもったいないのか早く行き過ぎだと感じるのかもしれない。

 今は一つのことをやり遂げるのは大変だ。昔みたいに何件も同時進行で行うことはできない。それが終わるまでは気になって他のことが手に付かない。歯医者さんとの予約があれば忘れないようにと思うのかパソコンをしていても集中できないのだ。年齢のせいであろうと自分を慰めている。

 最近は子ども虐待のニュ-スが多い。千葉の小学4年生の少女が父親の虐待で死亡する事件が報じられた。父親からいじめられてどんなにつらい日々だったか想像するに涙を禁じ得ない。子どもは自分が造ったもので、自分の好きなようにして良いとでも思っているのだろうか。もしそうだとしたらあまりに身勝手な振る舞いで根本的に誤っている。人間は老若男女生まれながらに自由で平等な権利を持っている。民主主義社会における基本的人権だ。学校で学んだはずだ。子供は社会の財産で社会全体で育てていく義務がある。長年差別されたりいじめられれば子供の心は歪んでしまう。親のエゴで好き勝手にしていいものではない。正しい倫理感を身に付けてほしい。

 人間は完璧な人はいない。共に助け合って生きていく。この世に与えられた命に感謝し尊重し日々過ごしていきたい。

コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント:
 

ページトップへ