カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS
 

 今日は私の誕生日だ。親父よりも長生きしたし、姉二人よりも長命となった。母親は84歳で亡くなっているのでそこまではまだ時間がある。

 4月2日に叔母の墓がある横浜霊園へ墓参りに行って来た。長野へ行く前に最後のお墓参りに行っておきたいとの希望からだ。夫の遺骨を長野へ持っていきたいとのこと丘カロ-トの中を覗いた。簡単に扉を開けれるし遺骨もすぐ出せた。難しいことではなさそうだ。残されたお墓は母方の従妹が守ってくれるだろう。実母の遺骨が入っているのだから。

 世田谷の孫が来てくれた。明日は皆で長野にある大田区の保養所へ行く予定だ。「ジジお誕生日おめでとう!」そう言ってケーキを出しハッピ-バ-スデイを歌ってくれた。娘曰く「ジジの誕生日なのに今朝飼っているメダカが1匹死んだのよ。それを見つけた孫娘が「「メダカちゃん!今日まで生きてくれて本当にありがとう!又新しい命に生まれ変わったらまた私と合おうね!」」と声を掛けていたの!」とビックリ発言だ。この孫娘はなんでも分かっているおませなところがあるが心の優しい子なんだ。

 生と死と言った難しいテ-マを孫娘も考えている。「神様が自分を造ってくれたのなら神様は何処にいるの?」「神様は目に見えないのだよ。遠い所にいるの。」「それじゃお化けと同じじゃない?」神様とお化けが一緒になってしまった。「この世の中で一番大切なのは命だよね!自分で死ぬことはいけないよね。」「その通りだよ。自分の命も他人の命も大切にしなければいけないんだよ。」そのうち孫娘にいろいろ教えられる日が来るかもしれない。

コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント:
 

ページトップへ