カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS
 

友人の無事を祈る

 8月18日(日)教会へ行った。とても暑い日でやっとのおもいで教会へ着いた。食道がんになったと言う同級生の無事を祈った。「結局有明の癌研へ入院することになった。NTTには断って紹介状を書いてもらった。ここはがん専門病院だけあって10人もの担当医が付く。抗がん剤の最中だがこれが終わって9月末ころ手術の予定だ。」前日友人から電話が有った。

 彼は若い頃ヒマラヤ登山をやっていたほど頑健な身体の持ち主だ。同級生の中でも1,2を競う体力の持ち主だ。羨ましく思っていたがそんな彼でも癌になるのだ。食道がんの大きさは3cmほどあり食道の全摘になるらしい。私もNTT関東病院で癌入院体験があるので励ましたが不安は収まらない。無事の生還を祈るしかできない。

 「小林さん!9月1日は教会へ来られます。記念誌の年表概説文を打ち合わせしたいんですが。」「8月25日は来れませんが9月1日は大丈夫ですよ。」記念誌の主文になる年表概説と称した教会の歴史を書いたのだ。日本の歴史と併記しているので誰でも分かる。公的な文章になるのでやはり多くの人に目を通していただく必要がある。

 8月22日からまた山小屋へ行く予定だ。今度は草刈と秋野菜の種を蒔いてくる。青首大根、白菜、野沢菜、ホウレンソウなどを作りたい。シャインマスカットの出来具合も確認してきたい。田舎は私のユ-トピアだ。

コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント:
 

ページトップへ