カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS
 

千曲川の氾濫

 台風19号の被害は甚大となった。13日の朝 テレビで千曲川の氾濫した様子が映っていた。穂保という地名は何処か分からなかったが新幹線基地が水没しているのを観て、弟のりんご畑の近くであることが分かった。千曲川の堤防が決壊し住宅街に濁流が流れ込んでいる。弟に電話してもつながらないので友人に電話した。「千曲川が氾濫したのは35年振りくらいだね。今までで一番ひどい!千曲川沿いのリンゴ畑は完全に水没している。下流の護岸工事をしたおかげで今度は上流の長野の方がやられている。水の逃げ場が無くなって決壊してしまったのでは?千曲川沿いは広大に水没して湖のようだ。」

 その後弟に確認すると「新幹線の傍のリンゴは完全に水没したと思われる。駄目だね!飯山も冠水して市街に水が入った。支流の川が先に氾濫して水が来たので千曲川へ逃がそうと思って水門を開けたら千曲川から逆流して被害が広がった。木島平の天日干ししていた稲も台風で倒され、流れ込んだ水に水没した。須坂のぶどうは周辺が水没しており見に行けない。たぶん助かっていると思うが今回は酷い被害となった。家が無事だったのだけでも幸いだ。」千曲川沿いにある弟の畑や田んぼが直接被害を受けることになった。幸い実家のある方は山なので台風の被害は無かったようだ。

 災害のニュ-スを観ても他人事のように感じていたが身近に迫ってきた。大型台風が来るとのニュ-スで11日に急遽長野のから戻った。東京の方が心配だったが実際は長野の方が被害が出た。10日に10年ぶりに合う野平さんと高木さんが山小屋に遊びに来ていた。畑でぶどうを採ったり春菊やホウレンソウを摘んだ後、まだらおの湯に行き手打ち蕎麦を食べて山小屋に戻った。積もる話に夜遅くまでスト-ブを焚きながら近況を語り合った。高木さんは中国とビジネスしている。昔のように仕事をしませんかと言うが体力に自信が無いので積極的にはなれない。手伝えることがあれば手伝いますとしておいた。台風が来るので予定を早めて11日に帰京した。野平さんと高木さんにはブドウや梨のお土産を持って帰って貰った。喜んでおられた。

コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント:
 

ページトップへ