カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS
 

秋野菜は成功だった

 10月26日 10時半に山小屋を出た。今回はバザ-用の野菜を積んでいる。台風19号の千曲川の決壊により豊野のリンゴ畑が全滅した。代わりに私が作っている秋野菜を献品することにしたのだ。

 青首大根はまだちょっと早いかなと思ったが抜いてみるとなかなかの出来栄えだ。20本ほど引き抜いたが皆すらっとしたまっすぐな大根だ。昨年は曲がったり二股に割れた大根が有ったが今年は見事なものだ。自分で感心してしまった。またハクサイの畑に行って見るとこれまた見事なハクサイになっている。直径30cmもあろうかと言う大玉だ。これで本物の農夫になれたような気がした。

 やはり野菜もタイミング良く種まきし適切な肥料(元肥)と雑草の抜き取りをおろそかにしないことが大切だ。良く耕した畑は野菜の成長も良い。手を掛ければ掛けただけ期待に応えてくれる。

 バザ-に出すと「小林さんが本当に作ったの?」と信じられない様子。大玉のハクサイと葉付き大根はプロの農家が作ったみたいだった。「大根は葉が有った方が喜ばれると思うのであえてつけてきました。葉を料理してください。白菜は鍋とか漬物に利用してください」と言って販売した。完売である。野菜つくりに自信が付いた一年であった。

 今年の秋はやはりおかしい。暖かいせいか木々の紅葉が遅れている。山小屋の庭先に栗の木2本を植えてきた。今度行った時には雪対策に支柱を立ててやらねばならない。桃栗3年柿8年と言われる。上手く根付いてくれることを願う。

コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント:
 

ページトップへ