カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS
 

畑の片付け

 11月22日は朝食後山小屋へ向かった。雪はまだだと思って上がったが山小屋の周りは3~5cmほど雪が積もっている。ノ-マルタイヤの車は滑るので一挙に登った。まだ冬支度もしてなく雪の遅いことを願う。叔母の電気スト-ブを取り出し自分の布団と毛布それに作業ズボンを積み込み急いで引き返した。

 弟の家に戻ると引っ越し便が来ていた。家財道具を叔母の部屋へ運び込んでいる。東京にいるときは各部屋は狭くて小さいが今度のログハウスは広々しており叔母の部屋にすべてが収まった。田舎の良さは広さだ。広すぎて冬は寒そうだ。

 11時ころには目途がついたのでベイシヤにおでんの材料を買いに行き、帰りに畑へ行った。残っているサトイモを掘り大根40本ほど収穫した。野沢菜と春菊、チンゲン菜も収穫した。ニンニクを植えた所には鶏糞の追肥を施した。これが今年最後の畑仕事だ。

 弟の家に戻り干していた大根20本をたくあん漬けにした。弟が糠を取ってきており塩とブレンドして塩糠を作った。大きなプラスチックの容器に塩糠を敷き大根を2段にして漬けた。重しが足りないので弟に重しの石を採って来るよう頼んだ。

 その後ダイコン、サトイモを主体におでんを作った。叔母を含めて7人での夕食はにぎやかだった。この家族と叔母はこれから暮らすことになる。良い老後を送って欲しい。

 私は23日に一旦東京へ帰った。教会の食事当番があるのと新鮮な野菜を教会の人にあげるためだ。また来週すぐ田舎へ行くことになる。叔母の忘れ物を持っていくのと山小屋の冬支度をするためだ。天気予報では来週はまだ雪にはならないようだ。感謝である。

コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント:
 

ページトップへ